柏木由紀

    1: 47の素敵な(茸) (7級) 2020/10/17(土) 15:30:45.02

    柏木「終わったあとさっきエゴサしてみたんだけど笑いながら歌うな書かれてたわ」 
    472 47の素敵な(岡山県) 2020/10/17(土) 15:06:17.58
    笑いながら歌うなw

    https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1602848194/472

    【柏木由紀さんが5chの地下板を見ている模様】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/05(月) 17:59:06.50 ID:CAP_USER9
    『AKB48』の柏木由紀が、『乃木坂46』の白石麻衣に再び怒りをにじませているようだ。白石は来る10月28日、無観客のソロライブで乃木坂を卒業することを発表。しかもその裏で、柏木の神経をサカナデするかのような動きも進行中だとウワサされている。

    「白石は卒業後も乃木坂の運営会社であるA社に所属。今後は女優の傍ら、プロデュース業を学ぶといいます。秋元康氏の後継者として、サポートに回るかもしれません」(芸能ライター)

    一方、柏木はAKBの運営会社ではなく、他事務所に所属。以前『HKT48』に所属していた指原莉乃もHKTの劇場支配人に就いたが、彼女も他事務所に所属しながらその職務をこなしていた。

    「白石は形式的には卒業ですが、まだまだやることがあるのです。1つは所属の乃木坂の立て直し。もう1つは同じ坂道グループ、『欅坂46』から『櫻坂46』に改名して再スタートする彼女たちの人気作り。乃木坂の1メンバーにすぎなかった白石が一気にプロデューサー的な立場になるわけですが、これは秋元氏の意向もあるといいます」(同・ライター)

    最年長争い“柏木VS白石”はまだ続く…
    白石が所属する乃木坂にしても、齋藤飛鳥が次期エースとされるが、かつての勢いがなく、再編説も囁かれている。

    「AKBは劇場を持ち、今や看板の柏木は今後も辞めないことを明言。昨年3月まで2代目AKBグループ総監督を務めた横山結衣や、コロナ禍の影響で卒業を延期した峯岸みなみもまだ健在。結構、昔からのメンバーがいるだけでなく、劇場に行けば会えるし、年中握手会がある。乃木坂は劇場もなく、CDの握手券が唯一の接点。この差は大きい」(AKB運営関係者)

    その点に関し、白石には大役が回ってくるのだという。

    「乃木坂、櫻坂の合同劇場をプロデュースする企画が持ち上がっています。場合によっては『日向坂46』が入る可能性もあります。白石は総監督になるというのです」(前出の芸能ライター)

    これにオモシロくないのが、全グループの最年長である柏木だ。

    「柏木は最年長記録争いで、いつまでも辞めない白石を疎ましく思っていました。やっと10月に辞めると思ったら、今度は総監督話が囁かれだした。内心、プンプンだとか」(前出のAKB運営関係者)

    柏木VS白石はまだ続く…。

    https://this.kiji.is/685770246855509089?c=626016390609077345
    no title

    【白石麻衣の“特別扱い”にグループ最年長の柏木由紀がプンプン!?】の続きを読む

    1: 47の素敵な(茸) (初段) 2020/09/27(日) 22:38:02.58

    【柏木由紀12月に自身初のディナーショーの開催が決定!】の続きを読む

    yukirintime

    1: 47の素敵な(東京都) (ワッチョイ 72bc-/QqT) 2020/09/27(日) 00:31:47.59 ID:4EZdzf5D0
    まともな社会人じゃそんな深い時間に聞けねえだろうが

    【柏木ラジオが木曜28時(金曜朝4時)に降格w】の続きを読む

    https://youtu.be/uzxUoZuYg_Q


    1: 47の素敵な(SIM) (6段) 2020/09/23(水) 10:34:08.05
    柏木由紀、「選抜枠とるな」の声に持論「若い子の比較対象でいい」(MusicVoice) - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f5512f14d33840399f161deeb4721a94633968ee

     AKB48の柏木由紀が21日、自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」に新たな動画を配信。
    一部から「選抜枠とるな」との声が寄せられていることを挙げ、自らの考えを口にした。

    柏木は「みいちゃんも言ってたけど、『枠を取るな』みたいな。いっつも出ててそこを譲ったら、あんまりまだ出たことない子、喜ぶ子が出て来るのに」と、″選抜枠を取るな″との声が一部から上がっていることに言及した。

     この声に対して柏木は「私はとにかく今は、目印になればいいのよ」と説明。
    「私がいることで若い子が引き立てばいいの。『柏木由紀の隣の子かわいい』とか、比較対象で良いと思うんだよね」とし、若手の引き立て役を買って出ているようだ。

     また、そうした批判などの声は、「だいぶ変わったよ、風向きは。
    実は3~4年前のほうがうるさかった」などと語り、YouTubeを開設して以降、「かなりやわらいだ」とも。
    自身のファンはもちろん、アイドルファン以外から好意的なコメントが寄せられることに感謝も伝えていた。

    【柏木由紀が「選抜の枠とるな」のアンチに反論!「若い子を引き立てるために私はいる。『柏木の隣の子かわいい』とか、比較対象で良い」】の続きを読む

    このページのトップヘ