渡辺麻友

    1: 名無し募集中。。。 2022/03/26(土) 04:32:20.52 0
    生年月日
    1994年3月26日
    no title

    no title

    【まゆゆって今思えば当時のAKBの中でも嫌われ要素が少ない稀有な存在だったな】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2022/01/23(日) 11:21:23.79 ID:CAP_USER9
    ●「麻友さんのように真面目にAKBを愛して、しっかり守りたい」

    AKB48チーム8の東京代表としてグループに加入した小栗。
    それから7年の間、アイドルとして奮闘し、かつてAKBの王道アイドルとして人気を集めた渡辺麻友さんが自身の“後継者”として挙げるほど、めきめきと成長した。
    10代のほとんどをアイドルとして歩んできた小栗が今思うこととは?そして、自身につけられた“2万人に一人の美少女”というキャッチフレーズについての本音も明かしてくれた。

    かつてAKB48の王道アイドルとしてグループ屈指の人気を集めていた渡辺麻友さん(2020年に芸能界引退)が、2017年11月1日に行われた自身の卒業コンサート後の取材で“王道アイドルの後継者”として名を挙げたのが小栗だった。
    渡辺さんは小栗について、「めきめきと成長中で、たくさんファンの方もいて、ぐんぐんアイドルオーラも増していて、まさに王道アイドルっていう感じの子。私以上、私から見たらまさにアイドル。注目している」と語っている。

    小栗にとって渡辺さんは憧れの存在。
    後継者に指名されたのは大きな喜びだった。
    「私にとって麻友さんはアイドルとして完璧。永遠に正統派アイドルです。ステージに対する思いや準備は本当にすごいんです。なので、そんな麻友さんにそう言ってもらえたのはすごくありがたいし、力になりました。麻友さんの言葉って力になるんですよ。背中を押してもらえる。麻友さんに『頑張ってね』と言っていただけてうれしいし、自信になりました」と語る。

    自身が“王道アイドル”を継承しているという自覚もあり、「王道とか、正統派アイドルとか言っていただけるのがうれしい。麻友さんようにAKB48として、アイドルとして、まっすぐ進んできたつもりなので。AKB48を愛して活動してきたことで王道と言われることは、麻友さんに言っていただいた言葉に繋がっていると思うし、やりがいを感じますね。やってきてよかったです。これからも麻友さんのように真面目にAKB48を愛して、しっかり守っていきたい。そう思います」と20歳のエースはしっかりと前を見据えている。


    全文
    http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_2352489/

    水着姿初披露! 小栗有以1st写真集『君と出逢った日から』
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【小栗有以、渡辺麻友さんからの “後継者” 指名を糧に「アイドルとしてまっすぐ進んできたつもり」】の続きを読む

    1: 47の素敵な(SB-Android) (4級) 2021/10/06(水) 08:15:44.41
    未だにスキャンダルが絶えずファンも傷つき
    そんなメンバーが居座ったり、ゴリ押されたりして
    真面目にやっているメンバーは苦しい思いをしているはず
    そんな時にまゆゆのこの言葉は今でも本当に支えになっているであろう

    【まゆゆが訴えた「真面目な子が損をする」って今でもメンバーやファンの心の支えだよな】の続きを読む

    1: (東京都) (8級) 2021/01/28(木) 14:51:29.58
    【会いたかった!】元AKB48メンバーと久々に再会しました!【マダムタッソー東京】 https://youtu.be/yc5H5f82nmE
    @YouTubeより

    【【朗報】平嶋夏海が渡辺麻友と再会!】の続きを読む

    img_2917d2d06da4f36fa4924bd1b323bc32229641

    1: 47の素敵な(庭) (初段) 2020/07/02(木) 12:56:55.82
    渡辺麻友がAKB総選挙で初めてみせた“嫌悪感” クロちゃん「まゆゆは命がけでアイドルやってた」〈dot.〉

     まゆゆ(渡辺麻友)の引退を聞いた時、とにかく「もったいない」って思いがいちばん最初だった。

     まだ年齢だって26歳だし、あれだけの逸材ってなかなかいない。AKB48を卒業した後も、女優さんとして活躍していたから、ほんとに驚いた。

     ボクは、AKB48がデビューした頃からずっと応援している。これまでも、あっちゃん(前田敦子)や優子(大島優子)、こじはる(小嶋陽菜)とか、いろんなメンバーがいたけど、いちばんアイドルを体現していたのが、まゆゆだったと思う。きっと、ファンなら、誰に聞いてもそう答えるんじゃないかな。

     AKB選抜総選挙で3連覇を達成したさしこ(指原莉乃)も、すごい人気だったけど、アイドルというよりは、どちらかといえばバラエティタレントっていうイメージが強かったでしょ?(笑)

     AKB48のアイドル像が保たれていたのは、まゆゆの功績がすごく大きいと思う。まゆゆがAKB48にいてくれたら、グループとしては、ずっと安泰だなとさえ思っていたくらい。

     そのぐらい、まゆゆは「THE アイドル」だった。

    ●命がけでアイドルをやっていた

     まゆゆの活動の中で、最も印象に残っているのは、2017年に行われた第9回AKB選抜総選挙。ここで、ある騒動が起きた。

     あるメンバーが、突然ステージ上で「結婚宣言」をしちゃったんだよね。

     あの時の、まゆゆの「苦虫を噛みつぶしたような顔」を、ボクは一生忘れられない。

    「総選挙は、AKB48のみんなの大切な舞台なはずなのに、なにしてくれてんだ!」っていう、本気の嫌悪感。

     いつも、どんな時でも、アイドルとして、笑顔でステージに立ち続けていたまゆゆのあんな表情…ボクは初めて見た。

     あの瞬間、まゆゆは命がけでアイドルをやっているんだなって感じたのを覚えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a0d054512fad8639460faf67640bd78b76a1ede5

    【クロちゃん「まゆゆの須藤凜々花への『本気の嫌悪感』、ボクは一生忘れられない」】の続きを読む

    このページのトップヘ